「もののふ」ブログ 〜 愛するもののために・・・ 〜

とにかく多趣味で、話題豊富なブログです。 ちょっぴり不思議な「もののふ」の世界へようこそ^^

ネタ日記 「洗脳への道 最終章 入会!? いや脱会!?」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜【洗脳への道】〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
バックナンバー

      「洗脳への道 第一章 飛んで火にいる・・・ 」
      「洗脳への道 第二章 忍び寄る魔の・・・ 」
      「洗脳への道 第三章 運気の上がる印鑑・・・」              
      「洗脳への道 第四章 ラピスラズリ」
      「洗脳への道 第五章 困惑の儀式」
      「洗脳への道 第六章 あなた、死にますよ!」
      「洗脳への道 第七章 セミナーへの強制参加」
      「洗脳への道 第八章 とうとう始まる洗脳講座」
      「洗脳への道 第九章 ハゲたおっさん」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜【洗脳への道】〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            最終章 入会!? いや脱会!?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

○○教会のビデオ室(洗脳室?)で、「第1講 愛について」のビデオ学習をした後・・・


係の人に、次のビデオ学習、もしくはセミナー参加を要求されました・・・。


自分は思いました・・・。


ここで断らなければ、間違いなくこのままズルズルと教会に入信させられる事になる!


と・・・。




ここで必殺は・・・  泣き落とし!


本気で

「このままだと、親に殺される!」


と、わけわかめな言い訳をして、入信を拒否!


しかしあちらも

「このままだと死にますよ!」


と応戦。



入信しても、しなくても死ぬ運命なのか・・・?





ここでこのエピソード中、自分にとって唯一のラッキーが!


北海道の大学を卒業する時期が近づき・・・


強制的に沖縄に帰ることになっていたのです!



もちろん卒業までの数ヶ月、何度もセミナー参加を強要されましたが・・・

なんとか逃げ回り・・・






途中で、Tシャツを3000円で買ったり、色々と金をつぎ込んだり・・・。


(被害総額、推定20万円)









そのまま沖縄まで逃げてきました^^;




北海道在住時、家から直線距離にして、わずか80mのとこにあった、表向きカルチャーセンター。

その実は、○○教会・・・。



最初はただ・・・


バレークラブに入るために訪れたカルチャーセンターだったはずでした。


ここが、某団体と知ったのは当時の自分の彼女からの情報でした。



「あそこは、旧○○教会だよ。ほら、TVとかでちょっと問題になって
 いたでしょ? だから名前を伏せてカルチャーセンターとしてるんだよ」




自分は大丈夫と思っていました・・・。

だってバレーしてるだけだから・・・。


それが間違い


姓名判断に誘われたとき、しっかり断れなかったのが間違い



そして最大の間違いは、14万の印鑑を買ってしまったこと。


印鑑さえ買えば、解放されると思ったのがホントに大間違いでした。





てなわけで、読者のみなさん・・・

「手相見せて」→「このままだとあなたは!!」→「印鑑買え」


このようなフローチャートになっておりますので、お気をつけて^^;


もちろん印鑑買った瞬間 → 「洗脳」という方向に進みます。





この件は非常にいい勉強になりました。



あのまま第2回のセミナーなり、ビデオなりを見せられたら・・・


今の自分はここにいなかったかもしれません・・・。











もう2度とこういう事には関わらないようにと誓う自分なのでした。


      〜 「洗脳への道」 完結編 終わり 〜


長い間ご愛読、ありがとうございました^^

たいしたオチもなく、失礼しました^^;


〜〜〜〜〜〜〜〜【洗脳への道・最終章完】〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

次回予告?

沖縄に帰ってきた自分・・・

○○教会から逃げ帰ってきたのも束の間・・・

今度はある人物に拉致られて、とある部屋に監禁。
そして・・・数珠を持たされ念仏を・・・

(ホントの話です・・・ いつか書きますので^^;)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


※ブログランキング参加中です。
 続きを読みたい人はポチッと^^
 ↓
にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ


P.S.
てか、こんなネタ日記ってどうなんだろ?
読んでる人いるのかな? この1ヶ月誰も反応がないからわからないや^^;

ネタ日記 「洗脳への道 第九章 ハゲたおっさん」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜【洗脳への道】〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
バックナンバー

      「洗脳への道 第一章 飛んで火にいる・・・ 」
      「洗脳への道 第二章 忍び寄る魔の・・・ 」
      「洗脳への道 第三章 運気の上がる印鑑・・・」              
      「洗脳への道 第四章 ラピスラズリ」
      「洗脳への道 第五章 困惑の儀式」
      「洗脳への道 第六章 あなた、死にますよ!」
      「洗脳への道 第七章 セミナーへの強制参加」
      「洗脳への道 第八章 とうとう始まる洗脳講座」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜【洗脳への道】〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            第9章 ハゲたおっさん

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



何の因果か、○○教会に半強制的に拉致され・・・

ビデオ室で「ビデオを見るように」と指示された自分。


こ・・・これが「洗脳ビデオ」ってやつなのか・・・?



おそるおそるビデオをビデオデッキに入れ・・・


再生ボタンを押す・・・




数秒の砂嵐の後・・・






再生された映像には・・・





ハゲたおっさんが・・・?




髪の毛の薄い50代ほどの眼鏡の先生(おっさん?)が黒板の前に現れるのです。


そして彼は語り始めるのです。


そう・・・。


























「愛」について・・・。













「いいですか、『愛』というのは『3次元球面』のようなものなのです。」






自分は思いました。

「のっけから意味不明な事言うてるな・・・」


と。


ビデオの中の先生(以下、先生)は、黒板に球面を書き始めました。


x軸とy軸とz軸も描き、球面をそれらしく描いていきます・・・。

先生はその軸と球面を使って、一生懸命『愛』について説き始めました。




あの・・・。





なんて言いますか・・・。





もうね・・・うちの生徒の言葉で言えば「わけわかめ」状態。




こう見えても(見えてませんが)、自分は数学得意人間。


この当時は幾何学専攻して、いわゆる図形に関する事を専攻にしている人間ですが・・・。




しかし・・・。図形得意な自分をもってしても・・・


この先生の言ってる「愛の球面」だけは・・・


全っ然理解不可能。
・・・。


そういう意味で、自分はだめな生徒と言えるのかもしれません。





1時間ほど、延々と愛についての授業が続きました・・・。

3次元球面を使って・・・。



そして無事「第1講 愛について」のビデオを見終わった自分。




特に・・・ 




自分自身変わった事はないと確認。





そして・・・教会側の人間がビデオ室に訪れ・・・

「このレポート用紙に、今日のビデオの感想を書いてください」


と指示してきました。



困る自分・・・。




正直な感想・・・




ハゲたおっさんが出てきて、黒板に球面を描いて愛について語ってた・・・


そういう状況でどのような感想を書けと言うのでしょうか・・・。





困った挙げ句、レポート用紙には

「愛について、少しだけわかったような気がします」


と書いて提出た自分。



もちろん関係者は

「これから先生の話を聞けば、もっと奥深い事がわかっていきますよ」


「さぁ、次のセミナーの日程は」


「今度みなさんに紹介しますから」




・・・・・・・・



そんな事を矢継ぎ早に言ってくるのです。

すでに「自分」を「信者」扱いしています。



1度セミナー受けて、ダメと思うならもう勧誘しないと言った言葉はどこへやら・・・。

自分は思いました。


「今までダマされてきたのだから、そんな嘘あたりまえか・・・」



と。





とにもかくにも・・・。





ここで・・・。





ここで次の勧誘を断らなければ!!!





でなければ、着実に一歩一歩洗脳されていく・・・






そこからまた数日の間、戦いが始まるのでした。



しつこく「イヤだ!」と言えば「死ぬかも!」みたいな事言われたり、
だんだん正攻法の断りが一切通じなくなり、自分も非常手段に出ます。



男のくせに泣き落とし。





自分は

「このままだと、親に殺されます」


などと涙ぐみながら錯乱状態で相手に問答したり・・・。


「わけわかめ」には「わけわかめ」!!  ← ホントわけわかめ・・・


「お父さんは心配性」のパピィが、典子や北野君の前でダダをこねるような感じで、関係者の前で「やだやだ!!」と言い続けるのです。






そして、そんなやりとりの中・・・








とうとう・・・









                (次回、最終回へ続く)


〜〜〜〜〜〜〜〜【洗脳への道・第九章完】〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

次回予告 「洗脳への道 最終章 入会!? いや脱会!?」 

最初はただ・・・

バレークラブに入るために訪れたカルチャーセンターだったはず。

なのに自分は・・・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


※ブログランキング参加中です。
 続きを読みたい人はポチッと^^
 ↓
にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ

ネタ日記 「洗脳への道 第八章 とうとう始まる洗脳講座」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜【洗脳への道】〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
バックナンバー

      「洗脳への道 第一章 飛んで火にいる・・・ 」
      「洗脳への道 第二章 忍び寄る魔の・・・ 」
      「洗脳への道 第三章 運気の上がる印鑑・・・」              
      「洗脳への道 第四章 ラピスラズリ」
      「洗脳への道 第五章 困惑の儀式」
      「洗脳への道 第六章 あなた、死にますよ!」
      「洗脳への道 第七章 セミナーへの強制参加」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜【洗脳への道】〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            第8章 とうとう始まる洗脳講座

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

高名な占い師に、脅迫まがいの事を色々と言われ・・・

○○教会のセミナーに参加するように言われた自分。


占い師「セミナーに参加しなかったがために・・・



     過去交通事故で亡くなった方がいますし、半身不随になった方もいます!」



とか言われましたし・・・


占い師「さぁ、このセミナー参加の用紙に住所と名前を!!」




1枚の参加用紙をつきつける占い師・・・




それを嫌がる自分。



しかし・・・



「死にますよ・・・」 「半身不随になりますよ・・・」「交通事故にあいますよ・・」



いやなインプリンティング(すり込み)が続き・・・



とうとうそのサブリミナルコントロールに負け・・・・



自分は・・・



セミナーの参加用紙に名前を書いてしまうのでした・・・。



自分がその用紙に名前を書いてるの見た占い師は・・・


占い師「これで、あなたも救われることでしょう。」



と、ニコニコ笑顔。


対照的に自分は・・・


鬱。






あの・・・


とてもそんな気がしませんが・・・



むしろこれから、また大変な事になりそうな予感がひしひしと・・・






占い師「では早速、最初のセミナーに参加していただきます」




自分「は、はぁ・・・」



占い師「最初はまずビデオによるセミナー講座をしてみましょう」





う・・・




き、聞いたこと有るぞ・・・


ビデオによる「洗脳」の話を・・・



どこかの宗教団体は、新人信者を体育館とかに監禁して、戦争や虐殺の映像を
たくさん見せる・・


それを不眠不休で3日ほど見せて・・・

気が狂いかけた時に、教祖様が現れる・・・

するとその教祖様が救世主のように脳に刻み込まれ・・・


洗脳完了と・・・


週間少年マガジンの「マガジンミステリー調査班・MMR」で読んだ事があります・・・

あ〜、あの頃は毎週信じていたな・・


キバヤシの「な、なんだって!?」に何度ダマされた事か・・・

ノストラダムスの大予言なんて、すっごい「絶対にくる!」って言ってたのにね・・・



それはさておき・・・




自分「自分、洗脳されるのかな・・・?」





不安で眠れない日々が続きました・・・






そして月曜日・・・




自分は○○教会を訪れ・・・




とある部屋に通されました。


そこは・・・


そう、まるで予備校の自習室のような所・・・


机とイス、それにTVとビデオデッキが1セットでそれが20ぐらいある部屋。

机と机の間にはしきりがあります・・・



予備校のサテライト学習する部屋のような感じです。





自分「こ・・・こんな部屋・・・ 見た事ある・・」




予備校とかではなくて・・・




そう・・・ 地下鉄にサリンをばらまいたあの宗教団体・・・


あの団体の根城である第○サティアンとよばれるところで・・・









こんな部屋があったぞ・・・   


ほ、ホントに洗脳部屋なのか・・・?




自分は1つのビデオを渡され、それを見るように指示されました・・・




う・・・


こ、このビデオはいったい・・・


洗脳ビデオ・・・?






おそるおそるビデオをビデオデッキに入れ・・・


再生ボタンを押す・・・




数秒の砂嵐の後・・・






再生された映像には・・・















              (続く)




〜〜〜〜〜〜〜〜【洗脳への道・第八章完】〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

次回予告 「洗脳への道 第九章 ハゲたおっさん」 

「これから先生の話を聞けば、もっと奥深い事がわかっていきますよ」

「さぁ、次のセミナーの日程は」

「今度みなさんに紹介しますから」


この後、さらなる事態に巻き込まれる自分の運命とは・・・?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


※ブログランキング参加中です。
 続きを読みたい人はポチッと^^
 ↓
にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ

ネタ日記 「洗脳への道 第七章 セミナーへの強制参加」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜【洗脳への道】〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
バックナンバー

      「洗脳への道 第一章 飛んで火にいる・・・ 」
      「洗脳への道 第二章 忍び寄る魔の・・・ 」
      「洗脳への道 第三章 運気の上がる印鑑・・・」              
      「洗脳への道 第四章 ラピスラズリ」
      「洗脳への道 第五章 困惑の儀式」
      「洗脳への道 第六章 あなた、死にますよ!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜【洗脳への道】〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            第7章 セミナーへの強制参加

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


高名な姓名判断の占い師にみてもらったはずなのに、14万もの印鑑を買わされた挙げ句、今度は別の占い師に

占い師「あなたは感じていないでしょうが、実はあなた!!
 
     今、何らかの事態で人生の歯車にズレが生じてきているのです!」


と言われてしまった自分。


確かに何かがズレていると感じていますけど・・・

その原因はあなたたちでは?


とは、とても言えない状況。

さらには

占い師「とにかく、このままでは、あなたの命に関わることになるかもしれません!」


と脅迫まで受けます。


占い師「家系図を一度しっかりと見直すこと! それが出来ない場合、命の保障はない!」



と最後に強く言われた自分。



夏休みで帰省した際・・・



しっかりと家系図を調べてきたのです・・・。

ちゃんと祖父母に色々と聞き出し、レポート用紙に家系図をしっかりとまとめてきました。



ちょうど自分自身も、

「親戚関係にうとい自分だから、いい機会だったかも・・・」



なんて・・・








なんて考えが安直すぎると知るのはすぐの事でした。





9月某日。自分は律儀にも自ら○○教会に出向き、そして自分をみてもらった占い師に家系図を渡しました。


その時の自分の心境は

「これで何もかも終わるかな・・・ 命の保障もないとか言わないよね」


というもの。





しかし・・・



もちろんそれで終わるはずなどありえない話でして・・・。


自分の家系図をじっくり見る高名な占い師・・・。


そして発した言葉は・・・




占い師「やっぱり・・・・・・」






やっぱり・・・?



そして自分に告げられた言葉は・・・。



占い師「このままだと、あなたは大変な事に巻き込まれます!」




あの・・・


十分巻き込まれているのですが・・・?


自分「は・・・ はぁ・・・ 」





占い師「あなたは、うちのセミナーを受けた方がいいです!いや、受けるべきです!」





おいおい・・・ まだトラブルに巻き込まれ続けるのかいな・・・




自分「え・・・でも・・・」



占い師「いいですか。今、あなたは大きなトラブルに巻き込まれようとしているのです!」



だから、それはあなたがたに関わってる事がトラブルであって・・・



占い師「このセミナーを受けるべきです! このセミナーを断った人の中には、過去・・・」



自分「過去・・・?」











占い師「過去交通事故で亡くなった方がいますし、半身不随になった方もいます!」






自分「・・・・・・。」








占い師「さぁ、このセミナー参加の用紙に住所と名前を!!」




自分「う・・・・・・」





そして自分はとうとう・・・








                 (続く)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜【洗脳への道・第七章完】〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

次回予告 「洗脳への道 第八章 とうとう始まる洗脳講座」

占い師「さぁ、このセミナー参加の用紙に住所と名前を!!」


1枚の参加用紙をつきつける占い師・・・

それを嫌がる自分。しかし・・・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


※ブログランキング参加中です。
 続きを読みたい人はポチッと^^
 ↓
にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ

ネタ日記 「洗脳への道 第六章 あなた、死にますよ!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜【洗脳への道】〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
バックナンバー

      「洗脳への道 第一章 飛んで火にいる・・・ 」
      「洗脳への道 第二章 忍び寄る魔の・・・ 」
      「洗脳への道 第三章 運気の上がる印鑑・・・」              
      「洗脳への道 第四章 ラピスラズリ」
      「洗脳への道 第五章 困惑の儀式」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜【洗脳への道】〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

              第6章 あなた、死にますよ!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

何故か○○教会の高名な占い師に姓名判断をしてもらうハメになった自分。


そこで、14万円もする印鑑を購入することに・・・ _| ̄|○))



しかし、当時からすでにスロで稼いでいたので、その大金も自腹でまかなう事に成功。


この14万円の印鑑で、あの追いつめられるような状況から脱出できるのだからと、ほっとしたのも束の間・・・

印鑑に命を吹き込む儀式に参加・・・。


その儀式から1週間後・・・


○○教会のある方によばれました・・・




印鑑を購入した者は、「絶対にこなくてはならない!」と強く言われ・・・


迷いはしたものの・・・



結局は嫌々ながらも、○○教会に足を運ぶ自分・・・。






するとそこには、高名な姓名判断の時の占い師とは別の「高名な占い師」の方がいるのです・・・。



占い師「実は印鑑を購入されてから、あなたの事を占ってみたのですが・・・」






自分「・・・・・・。   (また、余計な事を・・・)」




心の中で自分は

「今度は絶対お金を払わないぞ! ここでまたお金払ったら、またその次と、
 延々とお金を払うハメになるはずだから・・・」


と思っていました。




最初は占い師の方も

「まぁまぁ、お忙しいところ・・・」

など、社交的な会話を交わすものの・・



3分としないうちにこう切り出されました。


占い師「あなたは、今、早急に自分の家系を見直す必要があります!」



自分「は、はぁ? か、家系ですか?」



占い師「そうです! 事態は急を要しています。あなたは実家に帰る時はありますか?」



自分「え、えぇ・・・来月からちょうど夏休みなんで1ヶ月ほど実家に・・・」




占い師「ならば、あなたはその時、自分の親戚をめぐるなどして、
     自分の家系について調べてきてください!」




自分「は・・・ はぁ・・・」




占い師「あなたは感じていないでしょうが、実はあなた!!
 
     今、何らかの事態で人生の歯車にズレが生じてきているのです!」





自分「は・・・ はぁ・・・」





自分は正直に思いました。


あなた方に絡まれていることが、人生にズレを生じさせている原因では?



と・・・。


占い師「とにかく、このままでは、あなたの命に関わることになるかもしれません!」




自分「え、えぇえええ!?」



占い師「私の言うとおりにする事です。過去、私のアドバイスを無視して
     交通事故で亡くなった方もいるのですから・・・」





あの・・・ なんてこというんですか、この占い師は・・・



占い師「家系図を一度しっかりと見直すこと! それが出来ない場合・・・」




自分「できない場合・・・?」





占い師「命の保障は出来かねます!」







あの・・・ それ、脅迫とかじゃないんですかね?


1時間ほど、その占い師と面会し・・・


とにかく家系図を見直してこい!と・・・


でなければ命は保障しない!と・・・


そんな感じの事を延々と言われ、うつむきながら帰途についた自分。






それからしばらくも、頭の中に「命の保障はない・・・」という言葉が連呼していました。








そして夏休みになり、沖縄の実家に帰ってきた自分。




自分「家系図か・・・。」






そして自分は・・・





〜〜〜〜〜〜〜〜【洗脳への道・第六章完】〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

次回予告 「洗脳への道 第七章 セミナーへの強制参加」

占い師「このままだと、あなたは大変な事に巻き込まれます!」


いや、あなた方に巻き込まれ・・・


占い師「さぁ、このセミナー参加の用紙に住所と名前を!!」


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


※ブログランキング参加中です。
 続きを読みたい人はポチッと^^
 ↓
にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ

 | TOP |  »

Profile

ゆ−

ゆ−

パチ実践日記や、ネタ日記を書いてます^^

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約