「もののふ」ブログ 〜 愛するもののために・・・ 〜

とにかく多趣味で、話題豊富なブログです。 ちょっぴり不思議な「もののふ」の世界へようこそ^^

ネタ日記 殺人事件!? PART3

バックナンバー

ネタ日記 殺人事件!? PART2




おっちゃんの鼻に爆竹を詰め込んで、点火したらどうなるんだろう。



T少年は、そんな事を友達に話したそうです。


するとT少年の悪友は、ポケットから爆竹とライターを取り出しました。


(※ この時点でライターもってたってのも・・・)






そして・・・。









実行犯となったのは、T少年とは別の少年。







気持ちよさそうに昼寝しているおっちゃんの、鼻に爆竹を詰め込み・・・














点火・・・・・・。




















爆竹って、点火してから爆発するまでに、10秒ちょっとぐらいかかるんですよね。


少年達は、わくわくしながら爆竹の導火線を見ていたそうです。


もちろん、おっちゃんにバレないよう、電信柱の陰で。




しかし・・・。



点火して5秒ぐらいすると、4人全員が急に怖くなり始めたそうです。




そう。





一撃で蛙を木っ端みじんにする殺傷能力を持つ爆竹。






少年達は思いました。













「おっちゃん・・・・。











           死ぬんじゃない?」





1度そういう感情がわき上がると、怖くて怖くて仕方しかたありません。


かといって、爆竹を取りに行くのも微妙な時間。
へたすれば、自爆しますし。







一人の少年が、急におっちゃんを背にして走り始めました。

怖くて逃げ出したのです。









1人が逃げれば、当然残りの少年達も我先にと逃げ出します。




T少年も、どこからかわき起こる「恐怖」という感情におののきながら、おっちゃんを背にして一目散に走っていったそうです。








数m走ったところで・・・。





















                      パン!
















小さな乾いた音が、背中ごしに聞こえたそうです。












その乾いた音と同時に。












$!!あいがsj@がqwjgあshk@うぇr☆※〜!!







とうてい人の声とは思えない、断末魔というか阿鼻叫喚声というか・・・




少年達の逃げゆく方向とは反対の方向から聞こえたそうです。






ただ・・・






誰1人、後ろを振り返る事ができなかったそうです・・・。


















T先生は語りました。







「あれは、人の声ではなかった」







と。








彼らはとにかく遠くまで走り逃げたそうです。





おっちゃんがあの後どうなったのか・・・。






実際のトコ、彼らにはわからないそうです。











あれから20年・・・。



少年だった彼らもいい大人。



時に飲み会を開いては昔のことを語り合うそうです。

そこで必ずこの「おっちゃん爆竹事件」が取り上げられ、

「いったいあの事件で一番悪いのは誰だ!?」 

という議論になるそうです。



T先生は、

「確かにおっちゃんの鼻に爆竹を突っ込んで点火したらどうなるだろうとは言ったけど、
 実行はしていない。だから俺は悪くない! 絶対に実行犯が悪い!!」


と言い張ります。


しかし他のメンバーは

「いや、Tがそゆ事いわなかったら、この事件は起こり得ない。
 だからTが悪い!」

と反論するそうです。



その議論は20年たった今でも決着をみないとか。





果たして、この事件で一番悪いのはいったい・・・。










あの、ファイル共有ソフト「Winny」の開発者は、つい数年前有罪判決を
受けました。


「このソフトによって、著作権法違反行為を助長する」


というのがその理由。



制作者としては「個人の情報が流出する」「著作権に関わるファイルを違法で取り扱える」ことは容易に予想できたはずとのこと。




T少年の「おっちゃんの鼻に爆竹を詰めたら・・・」という発言。

その発言で、十分実行犯が出ることは予想できたはず・・・。


この「Winny」の例が、「おっちゃん爆竹事件」と比較できるとは言いませんが、果たしてこの事件で一番悪いのはいったい・・・?





よろしければみなさんの意見など^^;






ではまた^^


※ブログランキング参加中です。
 押して貰えるとポイントが発生^^ よろしければポチッと^^
 ↓
にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ

ネタ日記 殺人事件!? PART2

うちの学校にいる面白い英語の先生の話・・・。



彼の少年時代の時の話を聞かせてもらいました。



以下、彼の少年時代のエピソードを再現してみせましょう。




・・・・・・。









将来英語の先生になるT少年。

彼が小学校の時のお話です。





彼は、同じクラスの友人3人と毎日のように遊んでいました。




子供って・・・・・・。





生き物に対して、残酷な時期ってありますよね。




1週間ぐらいしか陽の当たる世界にいられない、セミを大量に捕まえては
虫かごにいれたり・・・。










その虫かごをアウシュビッツと化したり・・・。








例えば、虫を捕まえてはハネをもいだり、足をひっこぬいたり・・・。






で、よく聞く話が・・・。








蛙の肛門に爆竹を詰める → 点火 → 爆破







あぁ・・・。何故少年時代って、こうも残酷になれるのでしょうか。






T少年も、そんな子供時代を過ごしていたのでしょう。






エピソードは、工事現場の近くで少年らが遊んでいた時に起こります。





ちょうど昼休み時だったらしく、工事現場の周辺では弁当を食べてる作業服の
おっちゃんや、横になってグースカ(死語)寝てるおっちゃんらがいます。




T少年は、とても気持ちよさそうに寝ているおっちゃんを見て、ふと自然に思いたったそうです・・・。











おっちゃんの・・・。













おっちゃんの鼻に爆竹を詰め込んで、点火したらどうなるんだろう。








T少年は、そんな事を友達に話したそうです。






するとT少年の悪友は、ポケットから爆竹とライターを取り出しました。









そして・・・。









実行犯となったのは、T少年とは別の少年。







気持ちよさそうに昼寝しているおっちゃんの、鼻に爆竹を詰め込み・・・







おっちゃんは寝たままです・・・。










少年は爆竹に火を近づけて・・・











点火・・・・・・。










そして・・・











                   (続く)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




子供って、残酷な時期がありますよね・・・。




この話は次回に続きます・・・。



※ブログランキング参加中です。
 押して貰えるとポイントが発生^^ よろしければポチッと^^
 ↓
にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ

ネタ日記 殺人事件!?

うちの学校には、ちょいと・・・いや、かなり変わった英語の先生がいます。

てか、変わった先生多いんですよね。
特に数学科でまともな先生とよべるのは自分だけではないでしょうか?


まぁ、ある英語の先生がいまして・・・。

例えば、ハロウィンの時は、オレンジ色の強いオレンジの囚人服に、足かせをつけて、何くわぬ顔で授業したりしてます。


普通に半ズボンで学校に来て、校長に叱られてるし・・・。

見た目はコテコテの日本人。内面がアメリカナイズされてるんでしょう。


まぁ、おもしろい先生です。英語教えるのも熱心だし、いい先生と思います。


ちょっと変なだけでね^^

ただその「変」も、自分らが「変」と思ってるだけで、アメリカ人からしたら、普通のことなんだろうなと思っていました。



しかし、とある生徒がアメリカ人の先生に「彼どうなの?」と聞いたら、英語の苦手な自分でもわかる

「He is crazy!」
 


という答が返ってきたそうです。


ま、そんな前フリはよくて・・・。




その英語の先生からいくつか面白いエピソードを聞きました。






彼は、毎年夏にハワイでサーフィンをするのが趣味だそうです。



彼がハワイで、金髪の彼女の家にSTAYしてたときの話だそうです。



彼女の作ってくれた料理の臭いがひどくきつい・・・。

一口食べると、ものすごくマズイ・・・。



彼は「これは、絶対食べられない!」と判断。


彼女がキッチンに足を運んでいる時に、彼は自分に出された料理を彼女の家で飼っている犬に全部食べさせてあげたそうです。




「あれは、人間の食べるものではない」


と彼は平気で言ってました。



自分なら、彼女の出された料理・・・多少まずくても食べそうだな・・・。






その「くそマズイ」料理を差し出されてから1週間後・・・。
























彼女の家で飼っていた犬が、



原因不明の変死
 




をとげたそうです・・・。







彼女は号泣につぐ号泣。



それがきっかけかどうかはわかりませんが、彼女の犬の変死の後、しばらくしてその先生と彼女とは別れる事になったそうです・・・。









彼はこう言ってました。




「実は彼女・・・。 死んで欲しかったのは、犬ではなく・・・。」










                           おしまい


※ブログランキング参加中です。
 押して貰えるとポイントが発生^^ よろしければポチッと^^
 ↓
にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ

ネタ日記 in his room. 〜 後編 〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
バックナンバー

「in his room. 〜 前編 〜」


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



友人数人で彼の家を訪れたとき・・・・・・。


どでかいカラフルリボンを頭に添えた「彼」の出迎えを受けた我々。


彼のリボンに目を合わすことなく、2階の彼の部屋へと案内されました。


彼の部屋に入った瞬間、我々の目の前に入ってきたモノ・・・。








ま、まさかこれは・・・。

















セ・・・・・・


















セーラー服!!??
 






しかもやけにミニスカだし、青が強い色・・・。





こ、これってまさか・・・。










セーラーマーキュ○ーか!?
 









正直、そゆのよくわからないんで・・・。
(セーラームー○はあまり好きでなかったから^^;)



彼の部屋には、ちゃんとハンガーにかけてクリーニングしてきたであろう
ビニールのかかったセーラー服が掛かっていました。




そしてその隣には・・・・・・。


















メ・・・・・・





















メイド服!!!??
 



しかもやけにミニスカだし、ピンクの強い色・・・。




う・・・何だろ。

絶対なんかのアニメのもんだよね・・・。




自分は彼に聞きました。

「君、妹いたっけ?」



彼は言いました。

「兄弟は弟しかいないよ〜」





しばしの沈黙の後、麻雀が始まりました・・・。




自分はこの時知らなかったのですが、彼には「コスプレ」という趣味があったのです。




もちろん自分は、長身の彼がこのセーラー服やメイド服を着てる姿を想像してしまいました・・・・・・。













何故か敗北感でいっぱいでした。










彼の頭にはずっとリボンがのったままです・・・。


しかし・・・・・・。



しかしまだ彼の部屋には一つの謎が残っていました。





彼の部屋には、ビデオデッキがなんと6台もあるではありませんか!!

しかも縦に3台ずつ重ねられている。




何故にこんなにビデオデッキがあるのだ?



彼に質問しようかと思いましたが、すでに敗北感でいっぱいの自分には聞けませんでした。




ふと・・・





ふとビデオデッキが動き始めました・・・。







タイマー録画!?






何かの番組を録画しているようです。




しばらくして、また別のビデオデッキが作動して何かを録画し始めました。




ここからは自分の推理です。

おそらく「アニヲタ」の彼は、何かのアニメ番組を録画しているのです。


デッキが6台もあるのは、見たいアニメが重複時間帯で放送しても同時に録れるためでしょう。


日本テレビ・TBS・テレビ朝日・フジテレビ・NHK


あれ? あと一つ・・・? NHK教育はあまりアニメしないし、TV東京かな? でもTV東京はそんなにアニメ・・・




は! (; ̄Д ̄) そ、そうか!!


BSだな!! BSに違いない!!



このビデオデッキ群の上には、何らかのタイムスケジュールみたいのがありました。


おそらく「どれどれのアニメは、この時間にやる」というものだと思います。



・・・・・・



もちろん、麻雀中は「コアなアニメソング」が延々と流れていました。





いやね、自分もアニメは結構好きだったんですけどね、彼の部屋でかかっているアニソンは全っっっっ然わからなかったです!!




ちなみにそのコアなアニメソング・・・・・。


その麻雀から5年後、彼の結構披露宴でも聞くことになります・・・。





たった一人の男の部屋。


そんな彼の部屋だけで多くのサプライズと、敗北感を味わいました。


彼はすごくいいヤツです。

とても優秀だし、今も某ソフト開発部門の主任をしています。

2次元の画像から3次元情報を得て、それをビジュアル化するソフトを開発中だと去年言ってました。


2次元画像に時間による画像変化があれば、確かに3次元化できるかもしれないな〜と思いました。



性格もとても優しく温厚。
そんな彼は去年の2月、我々の仲間内で最初の妻帯者になりました。


彼の結婚披露宴・・・そっち系の方々も出席なさい、とても楽しかったです。

そのレポートはまたいつかしたいと思います。






メイド服とセーラー服とビデオデッキ群、そしてコアなアニメソングに囲まれてうつ麻雀・・・。



楽しかったです。こんな麻雀はこれから先、うつ機会はあるのかな?



朝方、彼の家を後にしました。




玄関先で、彼は愛想よく手をふってくれました。

「また今度麻雀しに、うちに来てね〜」





もちろん彼の頭には、あのリボンが乗り続けていました・・・。



※ブログランキング参加中です。
 押して貰えるとポイントが発生^^ よろしければポチッと^^
 ↓
にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ

ネタ日記 in his room. 〜 前編 〜

さてネタ日記。久しぶり。

今回は北海道に住んでいた時の友達の話をしましょう。


「暑いのがイヤ」という理由で、大学院には北海道大学を選びました。
みな、この理由が冗談だと思っているようですが、ホントに本当です。

大学院時代の友達はすごいヤツらばかりでした。
今日はそんな一人の男の話をしたいと思います。



彼は身長176cmほどでしょうか。
やせ形に眼鏡。髪の毛は肩に余裕でかかるほどのロングでした。



彼の家・・・実家に、数学科の友達らで麻雀を打ちに訪れた時の事です。

なかなか立派な2階建ての一軒家に住んでいました。

自分が彼の家の呼び鈴を鳴らしました。


ピンポーン。



彼が直接出迎えてくれました・・・。
















大きなリボンを頭につけて・・・。
 





自分の顔ほどもあろう、どでかい黄色いと赤のカラフルリボン。


そんなリボンを頭につけて、彼は普通に


「やあ。どうぞ入って入って」
 


と言いました。





自分は思いました・・・。


















「ココで・・・」






















「ココでツッコミいれたら、自分の負けだ!!」



と。


私は勝ちました。

普通に・・・何ゴトもなかったかのように


「ちょいと遅れてすまないね」



と素で語りました。


他の友達も誰一人、彼のデカリボンに触れることはしませんでした。



ちなみに彼は、麻雀が終わるまでの数時間・・・
リボンをはずすことはなかったです。




普通にその姿で母親ら家族に接していました。




とにかく玄関を通してもらった自分らは、デカリボンに目を合わさないようにして、彼の部屋のある2階へと案内されました。



皆でワイワイと2階の彼の部屋に入った瞬間でした・・・。


見てしまったのです・・・。彼の部屋で・・・。

そう・・・アレを・・・。







例えば・・・


例えば、年頃の男の子の部屋ですから、エロ本やエロビデオが無造作に置いてあったら、そら簡単にみなツッコミいれますよ。


「なんだお前、こんなビデオ置いておくなよ〜。」

「おいおい、こんなの見てるのかよ、みんなで見ようぜ〜。」


みたいなノリでね。


しかし・・・しかし・・・。





さて、彼の部屋に入った瞬間、我々が目にしたものは・・・












リアルなセーラー服・・・。
 






ちなみに彼は、弟と2人兄弟。彼の身内に女姉妹はいないはず・・・。




リボン攻撃にはギリギリで勝利を手にした自分ですが、彼の部屋に入ってからはサプライズと敗北の連続になります・・・。

てか、余裕負けです。


えぇ、セーラー服以外にも・・・



彼の部屋には・・・





                      (続く)



※ブログランキング参加中です。
 押して貰えるとポイントが発生^^ よろしければポチッと^^
 ↓
にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ

 | TOP |  »

Profile

ゆ−

ゆ−

パチ実践日記や、ネタ日記を書いてます^^

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約